アトレティコマドリードのファン

【感想】リーガエスパニョーラ第32節 アトレティコマドリード対セルタ

前節バルセロナに痛い敗北を喫したアトレティコ

ホームにセルタを迎えます。

 

CBに若手2選手を起用

前節のバルセロナ戦で、主審に暴言を吐いたディエゴ・コスタは8試合の出場停止。

 

DF陣でゴディンとサビッチが怪我で離脱。

 

また、ヒメネスとトーマスは累積警告のためベンチ外。

 

苦しい状況の中、シメオネ監督は、モンテーロとモヤの若い2選手をCBに起用しました。

 

オブラクの好セーブに救われる

前半はアトレティコがボールを支配。

 

CBの2人も、臆することなくプレーしていました。

 

右サイドを起点に何度か惜しいシーンも見せてくれました。

 

前半18分。至近距離からシュートを打たれるも、オブラクの好セーブでゴールを死守。

 

前半36分にも決定機をつくられましたが、またもオブラク。

 

 

今シーズンのアトレティコは、プレスがうまくはまっているのに一瞬のすきをつかれて決定機をつくられる、というシーンが多いように感じます。

 

グリーズマンのFKで先制

前半43分。均衡をやぶりました。

 

 

ゴール前で得たFKを、ゴール左上に沈めて先制。

 

先日お子さんが生まれたばかりということもあり、ベイビーポーズで祝福です。

 

 

奮闘したヴィトーロ。

先発起用のヴィトーロ。果敢にドリブルで仕掛けたり、絶妙なボールキープをみせたりと、奮闘していました。

 

今シーズンは大怪我に見舞われました。完全復活が待ち遠しいですね。

 

 

モラタの追加点

ヴィトーロに代わって入ったモラタが追加点をあげます。

 

 

試合後コメント

グリーズマンのコメントです。

 

 

優勝が難しいなら、ベストを尽くして2位をとりにいく。

かっこいいコメントですね。