アトレティコマドリードのファン

【感想】リーガエスパニョーラ第31節 バルセロナ対アトレティコマドリード

勝ち点差8で臨んだ、首位バルセロナとの大一番。

踏ん張りましたが、0-2の惜敗でした(;_;)

 

スタメンはベストメンバー

ディエゴ・コスタがケガから復帰しました。

 

今期はちょくちょく主力が欠けることがありましたが、この試合は、サブも含めてほぼベストメンバーではないでしょうか。

 

 

安定の堅守。コスタの退場。

いつもどおり、安定の堅守からのすきをみてカウンターという試合運び。

 

全体がコンパクトにまとまり、サイドチェンジされても素早くスライドして対応してました。

 

メッシ → ジョルディ・アルバの連携で決定機をつくられたり、シュートまで持っていかれたりしましたが、オブラクの好セーブもあり前半20分すぎまでは危なげない試合展開。

 

ところが、前半28分。悲劇です。

 

ディエゴ・コスタ退場。

ファールをとってもらえなくて審判に抗議した際、放送できないような侮辱をしたとのことで、一発レッドカード。

数的不利になりました。

 

攻めるシメオネ監督

現時点で首位バルセロナとの勝ち点差は8。

アトレティコとしては、どうしても勝ち点3がほしい試合でした。

そこでシメオネ監督は攻めの姿勢をみせます。

右サイドバックのアリアスに代えてコレア投入です。

 

スタートのシステムは4-4-2でしたが、一人退場したこともあり、4-3-2のような形へ変更。

中盤が薄くなる分、サイドチェンジされたときのスライドが遅れますが、それでもシメオネ監督は攻めました。

 

後半、さらに攻めに転じる

さらに攻撃の層を厚くします。

左サイドバックのフィリペ・ルイスに代え、フォワードのモラタ投入。

 

 

押し込まれる時間が続きましたが、オブラクの好セーブ連発でしのぎます。

 

 

何度かセットプレーでチャンスをつくるものの、得点には至らず。

 

 

スアレスにやられる

ゴールキーパーのオブラクをはじめ、なんとかふんばってきましたが、スアレスの見事なシュートにやられてしまいました。

その後、立て続けにメッシにも得点を許し万事休す。

リーグタイトル獲得に向け、首位バルセロナとの勝ち点差を詰めたかったこの試合。
0-2の惜敗です。

 

試合後、コケのコメントです。

 

残念な結果に終わってしまいました…。

しかし、前半のなかばで数的不利になるものの、アトレティコマドリードらしいハードワークがみれてよかったです。

シメオネ監督のチームはすごいなあと感じました。