未分類

“まあこのくらいでいいか”の落とし穴

“まあこのくらいでいいか”って、

 

私としては

 

手を抜いた自分への言い訳

 

に聞こえてしまいます。

 

他人が言う分にはいいんですけど、

私自身このフレーズが好きでない。

 

 

例えば筋トレ。

大して追い込んだわけでもないのに、今日は5種目もやったからまあいいか。

 

例えばテスト勉強。

大して理解してないのに、5時間もぶっ続けで勉強したからまあいいか。

 

例えば仕事。

大して業務進んでないのに、机に山積みの資料整理したから今日は頑張ったぞ。

 

 

特に仕事のがわかりやすいと思うんですけど、中身がぺらぺらなのに時間だけ過ぎたことによる達成感を得ている。

 

時間対効果がクソほど低い。

 

 

“まあこのくらいでいいか”って、自分の限界決めるのやめます。